RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< この夜の果て | main | 王力宏「蓋世英雄」 >>
ノルマルク戦記1
ノルマルク戦記1 滅びの星の皇子

著/赤城毅
絵/小河原亮

−折込あらすじ
 呪われた星の下に生まれた、ノルマルク王国の第二皇子ユリアス。忌むべき存在として幽閉されていた彼は牢獄で、親友・デミアン率いるパルティスカ国の軍勢が父・オルフリート四世を討ち取ったことを知る。
 祖父であるトイトニア国へ亡命したユリアスは、おのれの宿命に抗うため、そして親友を倒し祖国を再興させるため、過酷な道を歩き出す!
 伝説のヒロイック・ファンタジーがここに開幕!!
注:文章書いたのは3月頭です・・・1ヵ月半ほど放置してましたorz

以前赤城氏の作品について書いたとき、その作品ほっぽいてノルマルクはどーした!と息巻いておりましたが。

ナンカデテル。
しかも一気に2冊も。

スーパーダッシュ文庫なんて数冊は持ってた様な気もしないではないんですが基本的にOut Of 眼中なレーベルなので気付くのが遅れたのか・・・
そもそも、最近本屋さんへあまり行けないのですが。

見た瞬間「ほぇ?」と。
微妙にタイトルが違う(笑
以前は「ノルマルク戦史」だったんですが、今度は「ノルマルク戦記」になっとります。

んで、手にとって確信してあとがきをぺらぺらと。
だって、いくら好きとはいえノベルス→文庫になったからとはいえ、改定なしじゃ全く同じのを買うのは躊躇われたもので。
実際、帝都探偵物語の再版されたやつ買ってないし。

その場であとがきを立ち読みしたのですが、やはり中公新社の担当さんと喧嘩したようですね。。。
なんかかなり酷い事を言われたようなことが書いてありまして。
納得しつつも、中途半端に放置されていたノルマルクをちゃんと忘れていなかったんだなぁと嬉しくなりました。
ちゃんと「戦史→戦記」についても書かれてました。
理由は最終巻で発表だそうですが・・・

とりあえず、お話の内容より今回の装丁や仕様について。

文庫で2段組ってどーなんですかっ
ノベルスで2段組は結構見かけますけれど、文庫で2段組って始めてみたように思います。
というか、私いまだに2段組の有用性が解りません。
「量が増えたから2段組になっちゃいました」
というのはちらほら見かけるんですが、2段組で本当に1段組より押し込めれてるんでしょーか・・・
1段目と2段目の区切りの真ん中がどうしてもデッドスペースになってる気がしてしょうがないのですよ。
今回は縦20文字×横18行だったかしら。
確かに20文字以下の行は半分稼げるかもしれないけれど・・・
通常だったら2行に収まりそうなところに5行使ってるとかそういうところもたくさんあるような気もするんです。

でもまぁ。。。
実際2段組ってよくあることなのでその分余分に収まってはいるんでしょうね・

後、当然といえば当然ですが、イラストが違う人に・・・
中公新社のC☆Novelsファンタジアのレーベルって基本的に女性向けなイラスト多いじゃないですか。
少女漫画的というか。
今度はどちらかと言うと男性向けラノベなレーベルなので随分と印象変わります。
てかなんか丸すぎ。
ほんわかしすぎてるというか・・・

美形が美形に見えない(致命的

特にどーよって思うのが、ライバル(?)のデミアンと主人公の姉のユーディト。
この二人、同時発売の2巻の方の表紙張ってるんですが・・・
デミアンは以前の絵だといい感じに悪者っぽいというか黒い感じのするお顔でイメージぴったりだったんです。(中身はそんな悪い人じゃないですヨ
でも今度の絵だとなんだかおっとりしすぎ。
この絵描きさんの作風がそんなんだってのは解るんですが、それでも・・・
親兄弟殺して妾腹の身でありながら国王にのし上った人には見えないですワ。
ユーディトはね・・・純粋に美人にも美少女にも見えない。
文中では“美しい”とかそー言った形容詞で飾られてる人なのに。

後、ヒロイン・フィンレイとその側近のギルゼンシュターン兄弟。
登場時が20代前半でそれから3年後・・・・・・のはずなのに。
30過ぎにしか見えないおっさんぶり。
ノベルスではどちらかというと幼く見えましたが、それでも20歳位といわれれば頷ける顔してました。
何も美形に描けとは言いません。
でもちょっと余りにも。
反対にフィンレイはやたらと幼すぎるし。
アナタちゃんとキャラ設定理解して描いてますかって言いたくなる・・・

ユリアス(主人公)と、パッシェンダール(その忠臣)が“まだ”マシなだけで、メインキャラ全然じゃん・・・


表紙イラストや口絵イラストだけで本文中に挿絵がないならまだマシなんでしょうが・・・
普通に挿絵があるので余計に気になって気になって。
絵だけで決まるわけじゃないけれど、絵も大事です。


・・・・・なんかコレだけでえらい長文になってしまったのでお話については同時発売の2巻編へ・・・・
| Novels(一般) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/216540