RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 王力宏「蓋世英雄」 | main | T.M.R Live Revolution '06 >>
ノルマルク戦記2
ノルマルク戦記2 異端者たちの軍旗

著/赤城毅
絵/小河原亮

−帯紹介文

運命に抗う者たちの軍旗
今ひるがえる!

破蠍星の皇子ユリアス虐げられし民人と手を携え故国復興の軍を挙げる!
なんか前半でいいたこといっちゃって後半どうしようかなって感じ。
実は1巻について書いてから2週間くらいたっちゃってます。orz
余計にネタがなくなっていくヨ(汗
(注:更に1ヶ月経ってます。。。

なんとか記憶振り絞ってちょこっとカキカキ
ざっくりと。
破滅の星の元に生まれた皇子ユリアス(主人公)が幽閉されている間に、昔は親友だった隣国の下克上王・デミアンに自国が滅ぼされて、母親の実家に身を寄せつつも国の再建を目指すお話です。

いー感じに色々ぱくってる??(笑

まず、人にはなつかないはずの野生の小動物が主人公に懐いてます!
な。。。なうしか!?(笑
「おぉ、人に懐かないはずのアイヒホルン(動物名)が!」
とか
「ペットじゃなくて友達だ!」
とか言うところとか。
まんまナウシカじゃないかと。

国を滅ぼされ、逃げ込んだ隣国で国王である祖父の兵力・資金面での援助を断って、
側近とペット(違うらしいけど)の3人で自力で再興を果たすんだ!とかそんなんもお約束。
おてんばお姫様とのらぶろまんす(?)も外していません。

1巻の最後あたりに別の国に身を寄せていた兄上が挙兵をするからお前も兵を連れて参戦しろ!と使いがくるのです。
この兄上との関係がですね。頼朝と義経のような。
以前読んだのも大分前ですし、終わってないですしこの後がどうなるかは解りませんが、確かそんな感じだったかと。
幼い頃父親に疎まれた自分をかわいがってくれれた兄上。
その兄上のためならばっ!と少々盲目的に頑張っちゃうユリアスとそれをいい様に利用する兄上。
静に当たるようなキャラは居りませんが、弁慶の役所は忠臣パッシェンダール。
最後まで弁慶だった覚えが・・・



とまぁ、以上までが以前書いて放置していた分です。
4/19現在、3巻まで出ててそれ以降もちゃんと発刊予定が立っている様なので、今度こそは最後まで続けて読めるものと期待しております。
まだ3巻も買ってきただけで手を出していないので4巻が出る前には読まねば・・・と思っているのですが
最近全然文読んでないのでどーなることやら。
未読の本の山ばかりが高くなってきておりますが、順番に片付けて行くとします。
まぁ金欠なのでそうそう新規購入は無いと思いますが。。。


>>後書がないのが寂しい・・・<<
| Novels(一般) | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/216541