RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< ≪革命小説≫シリーズ | main | スリー・アゲーツ >>
プラチナ・ビーズ

著/五條瑛


−裏表紙あらすじ
脱走した米兵の惨殺死体が日本海岸で発見された。それがすべての発端だった……。同じ頃、米国防総省の下請け情報機関に所属するアナリスト・葉山は調査中にある情報を入手する。北朝鮮の権力中枢で何かが起きている――。鍵を握る謎の言葉「プラチナ・ビーズ」とは?

サーシャが、サーシャがぁぁぁ・・・・・

のっけから妙なこと口走っておりますが・・・
無事、プラビ読了しました。

以前読んだ時にちょっと合わなかったというのもなんとなく理由が判ったような気がしました。
なんとなく、ですが。
今回もですね、革命シリーズほどのめり込みませんでしたし。
読んでるときの集中力が革命とプラビじゃ全然違うな、って自分で感じたくらい。
でもとりあえず、葉山曰くフェロモン男のサーシャ様を求めて読み進めましたヨ(結局ソレか

革命を読んでから鉱物のサーシャを見ると随分印象が変わりますね・・・
というかサーシャが内面的なことを語ってる!!!
一瞬こんなのサーシャ様じゃないとか思ってしまったり。

と、折角の鉱物シリーズなのでちゃんとそっちのキャラの事でも。
葉山は・・・なんというか。嫌いではないですけれど、好きだわっ!!ってほどでもない感じ。
あと、語尾に「メイビー」つけるのやめれ(ぇ
いや、それが葉山の売り(?)なんでしょうが。。。
前に読んだ時どうも駄目だった理由の一つがこの「メイビー」な気がしてきました。
今なら普通にネタとして扱っちゃうんですが、あの頃はまだ若かった(ぇ
かなり「訳ワカンネ」な項目に入れられちゃったみたいですよ。
京極の関くんとイメージが被る、ということは事前に聞いていましたが、本当にそんな感じですかね。
関くんみたく鬱にはなってませんでしたけれども。
もうちょっと行動派。
しかし、「アナリスト」っていうと経済アナリストしか思い浮かばなかったです・・・
某シリーズの所為ですかね(苦笑

お次は坂下。
こういうタイプのキャラは結構好きですねぇ。
でもなんだかコメントし辛いや(ぇ
葉山が関くんなら坂下は木場修をもっと野蛮にした感じかしら。

そして残るエディは榎木津?
インテリ陰険上司ツボ過ぎ(笑
僻目ちゃんから絶対に気に入るとのお墨付きを頂いていましたが。その通り。
私と彼女の好み被りまくるから・・・・(苦笑
出番は少ないのに存在感はデカし!
直接出てこなくても、葉山や坂下の会話やモノローグの端々に彼の名前が挙がるだけでなんだか嬉しいです(変


メインキャラはこんなくらいかしら。
サーシャ様は・・・・・もう別格(ぇ
でも上の方に書いたように、革命シリーズよりは人間的というか、熱いというか。
色々語ってらっしゃいます。
変な行動も起こしてらっしゃいません。
死にかけた子供拾って(拾い方はちょっとどうかと思いますが)
ご飯食べさせてやって、一緒に登山して(なんか微笑ましい)
雪食ってみたり(!??)
酔っ払い支えて励ましたりもしてましたねぇ・・・・
あのサーシャが(何

あ、後コメコメ連呼するのはあのお方としてどーかと・・・
物語としては当然なのですが・・・・「コメ」・・・・・・・・・
ここで脱力感を感じてしまうあたり自分はとことん飽食大国日本の恩恵をうけてるのを実感するのですが。
判ってはいるけど・・・コメコメコメ・・・
ほら、亮司だってきっと「はぁ?」とか思うと思いますよ。。。

ラスト、甲板に仰向けに寝転がっていらっしゃったようですが、似合いませんです・・・・
革命シリーズであの変人薔薇男サーシャ様が完全にインプットされてしまっているのでそう感じてしまうのでしょうね。
胸の内に熱いものを抱えていらっしゃいました。
よくよく考えてみれば革命起こそうなんざ考える人間が熱くないわきゃないですわね・・・


後、北の方々の名前が頭の中でごっちゃになりますわorz

そいや先日僻目ちゃんと話をしていたときに。
「“北”だの“赤坂”だの、それだけで何のことか通じる自分らやばいよね。。。」
と。
“北”はまだしも“赤坂”は普通わからんよな・・・
これは福井晴敏「亡国のイージス」の所為かと。
そういえばコレにハマった時も、千秋さんや僻目ちゃんとは時期がずれてて一人で盛り上がってちょっと虚しかった覚えが(ほろり


さてさて、この鉱物シリーズの主流カップリングは
 エディ×葉山
 坂下×葉山
なんだそーです。
僻目ちゃんはエ葉派で千秋さんは坂葉派。
しかし私は・・・
もう坂下×エディにしかっ!!!!
フユキは……反抗期なんだ。
のあそこ以来もう・・・・っ
イバラの道だとか散々いわれましたよ(笑
普通に想像つくカップリングだと思うのですが・・・
私なんか読み終えたときには二人の後日談みたいなのまで思い浮かんでしまいましたヨ!!!。
よさげだと思うんだけどなぁ。エディの女王様受。
女王様受といえども、ツンデレになってはいけません!
常にツンツンで・・・・(ぇ
・・・ふと思ってたんですが、最中に乱れるのは“デレ”になるんでしょーか・・・?
ち、違うよね・・・?

そんなわけで。
読みたくても坂下×エディはそうそう無いそうです(涙
シチュまで浮かんでしまっているのだからもう自分で書くしかない・・・???
もう随分と文なんざ書いておりませんが、気が向いたら書く・・・かも・・・
| Novels(一般) | 21:01 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
うふふふふv←気色悪い。
プラビ読了で嬉しいです。
葉山もだけど、サーシャもここから始まったという記念すべき五條さんデビュー作!

サーシャが異様に人間くさいけどね。
まあ、あの寒い地ですみれちゃんを拾うんだからそれくらい熱くないと!(意味不明)

坂エ・・・・・イバラ道ガンバっ!!(笑)

「メイビー」ははっきりと言い切れない葉山の性格がもの見事に表れてるんだと許してやってくだされ(笑)おそらく英語を喋ることが多いからそこだけ英語が残ってるんだと思う・・・・。
そういうときはエディのように「メイビーじゃない。シュアだ」と言い返してあげましょう!
(木村兄さんが某ドラマで「メイビー」を使った時は腹がたったな・・・)
| | 2006/05/15 10:06 PM |

うはははははは(壊
坂エ・・・いいと思うんだけどなぁ(ぁ

葉山がいるせいで攻にしか見えなくなっているのか!?(ぁ
| 泉水 | 2006/05/15 10:32 PM |

なんだか最近、身内で賑わってるなあ(笑)。
ええ、もう大好きです五條!
泉水ちゃんのお陰で、坂エがかなり気になりだしました。
前にサーシャ×エディ読んだことあるから大丈夫(何が)。

坂エ書いたら読ませてね〜vv
| 僻目 | 2006/05/16 12:27 AM |










http://books.iz-m.com/trackback/244937