RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< jealousy | main | 輪舞 >>
DEATH NOTE 9
DEATH NOTE −デスノート− 9 接触
デスノート9
原作/大場つぐみ
漫画/小畑健

−帯紹介文

嘘にこそ、
  真実がある。


非現実世界より来る『死のノート』を巡る
少年漫画誌唯一の予測不可能本格サスペンス!!
もうこれに関しては、言わずもがな、ですよね。
お昼休憩の時に本屋さんへ行ったら出ていたので、嬉々として購入してきました。
そして、またもやAmazonに表紙画像がまだ用意されていなかったのでシコシコと表紙スキャンしてきたわけですが。。。(笑

1巻が出たときに友人から「すごくいい!」とお勧めを受けて読んで、あっさりハマりました。
ヒカルの碁も大好きだったので、小畑氏の少年漫画らしくない綺麗な絵はわかっていましたが、デスノートだと、綺麗さだけじゃないですね。
すごい迫力が。
ストーリー、絵ともにジャンプの中ではかなり浮いているように感じるのは私だけでしょうか・・・
といっても、小学校低学年頃までは毎週ジャンプ読んでましたが、今は読んでいるコミックスすらデスノートだけなので、他が今どんなのかかはよく判りませんが。
少なくとも私が読まなくなりかけた頃のようなジャンプにだったら、明らかにそぐわない作品だとは思います。

さて、第2部に入ってから、月の顔がだんだん悪人面になってくるんですが・・・
大好きです。このキャラ。
でも、あくまで単品として好きなのであって、同人世界に溢れているL×月とか、月×Lとかそういうカップリングには発展しないんだよな私。。。
月に限らず、そういう傾向の強いので、どうも萌え仲間がイマイチ見つけられない私。。。orz

まぁ、おいといて・・・
今回のコミックス収録分で、USAがキラの前に屈服して、キラの神聖化が更に強まってきまして。
作中でも、キラを絶対視する思想と、悪とする思想と交錯しております。

で、このキラによる恐怖政治(?)論で思い出したものが一つ。
トマス・モアの『ユートピア』です。
しっかり読んだ事があるわけでないのであいまいですが、
トマス・モアの提唱する理想郷、完璧な世界って、確か
『徹底的な絶対君主による統制国家』
のようなものだったような。。。。
まるで北朝鮮をもっと極端にしたかのような。

まぁ、デスノートのキラにおいては、犯罪行為に置ける恐怖統制であって、普段の生活とかまでに侵犯するようなものではありませんが。。。

いくつか発行されている解明本とかにも書いてありそうな事ですがね。
ふと思い出したってだけです。ハイ

とりあえず、私じゃこの先予想できてるような出来てないような。
出来てないんでしょうね。きっと
大人しく、どういう結末に繋がっていくのか見届けたい作品の一つです。
| Comics (一般) | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/24809