RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 冬に来た依頼人 | main | 我没有 着うた >>
6ステイン

著/福井晴敏

−あらすじ
存在を秘匿された組織、市ヶ谷――防衛庁情報局で過酷な任務に身を投じる工作員の男たち、女たち。20世紀にいくつかの「染み」を残した彼らへの、6編の鎮魂歌。

いまできる最善のこと/畳算/サクラ/媽媽/断ち切る/920を待ちながら

・・・・次は「Op.ローズダスト」(以下Op.RD)じゃなかったのか?という突っ込みはごもっともです。
いや、私だってOp.RD買いにいったんですよ!?
でもその本屋さんには上下巻1冊ずつの一組しか置いてなかったんです。
そして・・・・
下巻のカバーに破れがっ!!!
流石に新品で買う時はそんな破れの入ってるものなんて買いたくないです。
なのでまた今度別の本屋さん行って買おうと思いつつ視界に入ったのは隣にあったこの本・・・・
これこそ文庫になるまで待とうと思って今まで我慢してたのに!!!!

なぜかそこで買ってしまった訳ですよ。
Op.RDもダイスが出てくるお話らしいからダイス関連で読んじゃえって思ったのが真相ですが。

そんな訳で、Op.RDの前哨戦とばかりに読みました。
この人の作品のアクションシーンが気持ちよくて好きです。
そんなアクションシーン満載の一冊でした。

いまできる最善のこと
ポケットピ○チュウ・・・・持ってました。
高校・・・2年くらいのとき?
修学旅行行ったときには持ってた覚えがします。
邪険にしつつも、悪態をつきつつも、少年を守り続ける中里がかっこいい。
ラストの「なにしてんの、おじさん」のところでじわっっときました。
中里、最後助かったんでしょうか。
致命傷とはいいつつも、ヘリが来たことに対して「幸運」と称しているので助かったのかな・・・?とは思うのですが。
こうやって最後までハッキリ書かないところがまたいいんですが・・・(苦笑

畳算
そうか、旧ソ連(ロシア)は神谷町なのか。
訳分からない隠語(?)のボキャブラリーが増えていきます。
でも、「社と労組、労組と代々木、代々木と神谷町」とあるんですが、代々木ってどこですか(笑
文章内にどことか書いてなかったのよね・・・
そしてこのお話もまた、ラストがしっかり書かれていないです。
でもこれはどちらかというとあまりよくない結果が見えるあたり・・・
やはりじーんとくる、っていうかこの短編集に入っているお話皆グっとくるよ!(苦笑

サクラ
この短編集の中で一番明るいお話かなぁ。
サクラちゃんかわいいデス。
(それだけかよ)

媽媽
働く女性のジレンマ?
てか『ミューズ』・・・・・
い、いや全然別物だって分かってますが、その単語だけで別のものに繋がってしまって(*ノノ)
ラストに旦那さんが「お母さん」でもなく、「由美子」でもなく「坂本さん」と声を掛けるところがイイです。
(というかそれが〆だからそれが駄目だったらどうしようもないか

断ち切る
媽媽からの続き。
唯一主人公が一般人(?)
最初ここからどうやって防衛庁情報局につなげるのだろうと思ったのですが無事「媽媽」に繋がってくれました(笑
おじいちゃんがんばる。

920を待ちながら
本命デス(苦笑)
イージスの前日譚という触れ込みでしたので凄い楽しみにしてたんですよ。
順番としては、この「920を待ちながら」→「C-blossom -case729-」→「亡国のイージス」
の順番。
C-bloの香奈ちゃんの父親が対象者なお話です。
もう展開が2転3転して、一瞬話についてけれなかったりもしました。
後半部分を読み返したりしてなんとか理解できたり(;´Д`)

イージスはともかく、C-bloを読んでいる人にはこの920を、
この920を読んだことがある人にはC-bloを是非読んでいただきたいと思います。
完全に話が繋がっているので霧が晴れていくような感じが。
私は時間軸をさかのぼるようにして読んできたので、今度はたどって読んでいこうかしらとは思っていますが・・・
未読の本がまだまだつまれているのでどうなることやら・・・

さてさて、このお話も行がっ・・・!!!!
いや、行が主人公ということではないし偽名使ってましたがね。
でも分かる人には最初の描写を見ただけで分かるかと。(苦笑
 「本気のき」「キリン」
 「おやすみなさいのい」「インゲン」
このしりとりが可愛い。
でもラストで眠らせないために必死でしりとりを繋げようとする行を見ると、やはり芯は昔から変わっていないんだなと。
行かわいいわ・・・・


本全体の感じとしては、媽媽/断ち切ると920の2本をメインにという感じ。
でもイージスを考えちゃうとやっぱ920を出す為の短編集なのかしらとか思ってしまいますわ。
後、ほとんどのお話を通して「不実」という言葉がでてきます。
諜報活動を通して人を騙す事へのうしろめたさ、見たいなのがついて回るんでしょうね、やぱし。

>>さて、次こそOp.RD読みますよー(笑<<


関連
 
原作/福井晴敏
漫画/霜月かよ子
| Novels(一般) | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/256411