RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 愛欲トラップ | main | 竜神の高僧 >>
やっぱりボーイズラブが好き
やっぱりボーイズラブが好き 〜完全BLコミックガイド〜

山本文子

BLサポーターズ

−帯紹介文
乙女たちの愛と煩悩がいっぱい。
史上初!BL好きの、BL好きによる、
BL好きのための必携バイブル。

200タイトルを超えるBLの名作・傑作・オススメ作品レビューのほか、
BL用語やヒストリーを解説した基礎講座、BL大好き女子たちの覆面座談会、対談、コラムなどが満載。

帯は絶対に取らないでください(笑)。
AHAHAHAHAHA

本屋さんで見かけた瞬間迷わず手に取りましたよ!!!
ちなみに表紙イラストは九州男児(松山花子)です。
帯を取ると脱げかけの白衣だけの男のB地区にハチマキ少年ガマーキングしています。

そして、堂々と電車の中で読んでた馬鹿がここに。。。(゚∀。)

さて、先に注意を。
Boy's Loveコミックスのみについてです。
小説については書かれていません。
オススメ作品も全てコミックスです。

しかし、ジャンルとしてのくくりが無かった、少女漫画の一部としての時代から歴史が書かれています。
そこから「JUNE系」となり「やおい」となり「ボーイズラブ」となり「BL」となり。。。
見たいな感じで。
その時代時代の代表作品や雑誌なんかも紹介されていますので、古くからの腐女子にはちょっと懐かしさを感じさせるかも。

かくいう私も、流石に本当に初期から知っているわけではありませんが、ハマってから読んだ古い作品なんかが紹介されてると
「あぁ、確かに!」
と言える部分も多々。

ちなみにこの本によると私はBoy's Loveという表現が定着してきて、
そっち系の雑誌がどんどん創刊される真っ只中頃にこの世界へ足を突っ込んだようです(笑

オススメ作品の紹介ページは、「この人は読んでおけ!」という作家さんのオススメと、その他ロマンやらリーマンやらメガネやらのジャンル(?)別オススメ作品のコーナーが。

ここで、人の好みによりますが、私的にはとても大きなポイントが一つ。
ショタが無い

はい。無いんです。
好きな方には申し訳ないですがね(コラムで同様のことを謝っている)
私は寧ろ嫌いなので願ったり適ったりです。
後、巻末あたりにある腐女子達の座談会とかかなりいいです。
本当に古くから好きな人たちなんだなって思える。(笑
一人、私とほぼ同時期もしくは、私よりほんの少し遅いくらいにハマったと思われる人がいて、そこにまた共感してたり。

かなりイイです。
私的にはすごいヒット。
とても楽しんで読ませていただきました(*'ヮ')

ちなみに、紹介されているオススメ本は、9割ほど買ったり借りたりして読んだ事のあるコミックス達でした。。。。
残り一割は、自分も友人もまず買わなさそうな絵だったりあらすじだったりするのでこのまま読むことはなさそうかも。。。(笑
| Books | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ネットで広い基礎講座とか取らないでください
大きい傑作など取らないでください
コミックなどを解説しなかったよ。


| BlogPetのしぼりたて | 2005/12/08 3:43 PM |

なんかすっごい拒否られてる…_| ̄|○
| 泉水 | 2005/12/08 3:49 PM |










http://books.iz-m.com/trackback/29289