RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 愛を歌うより俺に溺れろ! | main | 疵<スキャンダル> >>
腐女子化する世界
腐女子化する世界 東池袋のオタク女子たち


著/杉浦由美子

―帯紹介文
女達は「自分探し」に飽き、
  「自分忘れ」に走り出した!

最近は「萌え」という同士は女性の間でも普及してきている。異性のアイドルを見てドキドキする感覚。アニメのキャラクターを「かっこいい!」と思う感覚。女性の間で「萌え」が広がり、オタクが増えている――この現象が「腐女子化」だ。なぜ、女性達は自分への興味を失い、自分以外のものを追いかけ、「萌え」るようになったのか?「腐女子化」の理由を探っていきたい。

うん。見た瞬間買いだなって思いました。
普段こういった新書はチェックはするんですけれど、私が気になるようなモノは大概上の兄がもう買っていたりするので自分では買わないんですけどねぇ。
流石にこれはおにーさまでも買わんだろう(苦笑
そんな訳でお買い上げ。

普通に面白かったですよ。
共感できるところ多々。
いい所ついてくるなーと。
確かに、腐女子なんて言葉を知る前は自分らで「頭の中腐ってる」とか「ピンク色」とかそんな表現してたよね。


でも最後の方が女オタク=腐女子になってしまってた所は違うだろうと。
腐女子=女オタクは当たりでしょうけど、逆は非腐の女ヲタさんがすっごい嫌がりそうですよね。
そいや先日まで同じ職場に居た男の子にも一人女オタク=腐女子だと思っていた子が居ました。
それは違いますよっ!!!
というか、何か一つの事に普通以上にハマることのできるのがオタクだと思うのデスヨ。
鉄道オタクとか軍事オタクだとかもいいますもんね。
そういうのって男性の趣味にいわれがちだけど女の人のお化粧とかブランドとかもちょっと行き過ぎると十分オタクだと思いますヨネ。
本文中にもあるようにやっぱり女の人のがオタク気質ではあるかと思います。

各章の扉に有名作品の表紙とかんたんなあらすじが書いてあるのですが、それが章内の文章とまったく関係ないのはちょっと惜しいかなとも思いましたね。
どうせなら関連つければいいのに。。。


しかし、執事喫茶の小池さんあんな美人さんだったのかー・・・・
ちなみに私は乙女ロード行ったこと無いです。
アニメイト本店は2度ほどありますが。。。
その頃乙女ロードなんて名称しらなかったし。
池袋駅はさんでメイト本店と反対方向にあった「アクアアウス」(だっけ?)という男性入店お断りのボーイズラブ専門店ってどうなったんだろう。
まだあるのかしら???
| Books | 20:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
なんつーかねー、世の中オタクという言葉に過敏になりすぎだよね〜

わたしは自分がオタクだと思っていませんでした。
自分なんかまだまだ甘すぎる、本当のオタクに申し訳ない。
しかし周りからはオタクだと思われていました。
なので「ああ、わたしはオタクなんだなー」と自分に言い聞かせていました。
それを否定したりしたことはありませんでした。
まぁ過去の話です。
今となっては何か一つのことにあれだけのめりこんでいた自分を誇りにすら思います。

同世代の男を例にするなら。
車やバイクはマニア。
アニメやPCはオタク。
どう違うんでしょうねぇ。

わたしは他人の評価などまったく気にしないのでどーでもいいですが^^

こんなだから給料安いし出世しないのね;
| かずさ | 2006/10/22 10:28 PM |

>>かずさサマ

>今となっては何か一つのことにあれだけのめりこんでいた自分を誇りにすら思います。

最近熱くのめりこんでるものがない自分としては同意ですね。
その対象がなんであれ・・・・(苦笑

>自分なんかまだまだ甘すぎる、本当のオタクに申し訳ない。

これもやっぱり同様です。
自分で腐女子だって思うけれど、生モノであれ、アニメなんかの2次元であれ、「この二人あやしい!!!!」っていう発想が全然ってワケじゃないけれど、あんまり出てこないので。
そんな友人達の会話を聞いていると、私にはまだまだフィルターが足りないんだなって思いますしネ
| 泉水 | 2006/10/23 12:22 AM |










http://books.iz-m.com/trackback/391125