RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< エス | main | 舞台の幕が上がる前に >>
瓦礫の矜持

著/五條 瑛
―あらすじ
警察組織存続の名の下に、犠牲になった3人の男が選んだ道は、欺瞞、糾弾、そして復讐。「俺は組織への復讐を、奴は服従を選んだ。あいつは後悔していないのか−」組織に殉じるとは、正義とは何かを問う渾身の書き下ろし。



思い起こせば(?)五月の連休に千秋さんと僻目ちゃんに某サ様がいかに素敵な御仁かということを語られ。
そのまま勢いで五條作品読破したものの・・・
6月には新刊が出ていたのですよ。
ワタシ的には制覇したっ!!という満足感で知らなかったけど。
その後も2,3ヶ月おきには新作が出ていたようで。3冊ほど未読作品がありました。
五條先生、多産だ。

そのうち1冊を最近通うようになった県図書館で発見したので借りてきました。
通勤時の読書用と決めておうちでは読まないように。
朝、座れるまでの15分間と帰りの車内(3〜50分)で4日かかりましたか。
まぁ、そんなもんですかねぇ。


お話としましては。
ぶっちゃけ全体のイメージは薄いかも。
部分部分でこのエピソードいいなってのはあってもなんかあわせてみるとばらばらで。
登場人物の殆どが主軸になってて平べったくなっちゃってる感じ。
五條作品の割には正直あまり面白くなかったです。ハイ

各ネット書店などで使われている上記の紹介文に在るように

 欺瞞⇒黒羽
 糾弾⇒神楽
 復讐⇒上倉

この3人を中心に話が回ります。
黒羽は一番出番が少ない割に印象は強いかな。
私のツボキャラだったからそういう印象が強いのかもしれない。
台詞なんかは上倉よりよっぽど多いか。
最終的に言いたい事は黒羽の言葉な気がします。
主軸の語り手である神楽が公的機関の不正を糾弾する市民団体所属という事も在って、妙に正論ぶってるのが気になります。
本を読む上ではどちらかと言うと不正とかする方にわくわくして嗜好が寄っているので、神楽が黒羽に詰め寄って撒き散らす正論がちょっと気持ち悪いくらいだったり。
(でも萌えシーンでもあった・・・)
まぁ、こういう考えも必要だとは思いますけどね。
でもやはり近寄りたくはないかも(苦笑
黒羽の言う信頼関係の作り方も極端だとは思うけれど、確かに押し付け咎めるばかりじゃ信頼関係どころか上倉のような反抗心を育て兼ねないですしねぇ。

3人ともがそれぞれの道を選んだ理由もしっかりしていて頷けますね。
神楽が一番逆恨みぽいような気もしないではないですが。

なんというか、うまくまとめる事ができないんですが
きっかけとなった二人が処分された事件の前の上倉の問題事を黒羽は
「最終的に処分される事なく、尽力してくれた上司に恩もあるだろうに」
といい、上倉は
「前の年にも上司の問題を肩代わりしてやったのに」
と語ってます。
ここのがやはり二人の分岐点だったのかなと。
黒羽が事実を知らなかっただけといえばそうなんだけれど。
エピローグで語られる、この犯行で犠牲になった3人。
それが揃って黒羽が事件を揉み消した3人だった事が、黒羽のコレまでの行動と信念を裏付けしたのかどうか。
また、それを神楽がどう感じたか。
オイシイですねぇ〜(何

最終的には犯人グループはほぼ捕まり、黒幕までも突き止められてますけれど、犯行自体は行われて、警察の
権威は失墜して。目的は達成されてるんですよね。
なんか喧嘩両成敗って感じが・・・

各所各所では確かに失敗でも、一番メインの銀行強盗(?)自体は成功しているのだから元と大野のアストラックによる繋がりが無ければ上倉まで繋がらなかいような気がします。
アストラックの存在が完璧な計画のヒビになっていたわけですか。
このアストラックというテーブルゲーム。
なんかすごそうですよね。。。
土地取りゲームみたいな記述があったのでモノポリーとかそういった系統ではあると思うんですが。
いたストや桃鉄くらいのゲームでさえ「友情破壊ゲーム」って言われるのに、更になんでもありって・・・
怖いけど気になります。



最後に犯行グループの大半が捕まりつつも、日本人ではないユナとジジだけは逃げ延びてる状態で終わるところがとても五條作品らしいかと。
きっと彼らが捕まる事はないんでしょうね。
こういった不法滞在の外国人が出てくると皆本当にしたたかでしぶとい。
貧窮を知っている人間がいかに強いか。ですね。
五條作品を通じて見ると、復讐だなんだといいつつも日本人はやっぱり腑抜けてるんだな、と皮肉さを感じます

キャラ的には歌川兄弟がお気に入り。
もっとしっかり出番欲しかったかもとか思っちゃうくらい。
黒羽は上でも言ってるけどツボすぎ。
まぁ、どっちと絡んでる時でも神楽は総受で

⇒■五條 瑛作品記事




あー・・・最後に読み返してみたらぐちゃぐちゃだぁ。
自分の中でもあんまり纏まってないのでこのままでいいや。。。。

| Novels(一般) | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/415575