RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 瓦礫の矜持 | main | 恋愛操作 >>
舞台の幕が上がる前に

著/春原 いずみ
絵/禾田 みちる
―裏表紙あらすじ
抱くときはいつも服を脱がず、一方的に奪うだけ──。酷薄な美貌と凄艶なオーラで耀(よう)の身体を支配するのは、当代一の舞台演出家・城島憂(きじまうき)。TV のアイドル俳優からの脱皮を図る耀は、城島のオーディションを受けたのだ。ところが城島は、耀の人気と容姿には目もくれず、「野良猫をしつけるのは厄介だな」と勝手気ままに抱くばかり。逆らえない耀は、屈辱と快感を耐えるけれど…!?


今日はお仕事やること無い宣言を頂いたので堂々と書いてます。(違
まぁ、普段から仕事中ばかりなのですが。。。


あらすじがちらっと気になったのと、春原さんも禾田さんも好きなので買い。
舞台モノです。シェイクスピアです。

演劇を見るのは好きなんですけれど、なかなか行けませんねぇ。
どちらかというとストレートプレイのが好きです。
僻目ちゃんなんかは母娘揃ってミュージカルが好きなのでしょっちゅう観に行ってる様なんですけれど、私は一緒に行く相手もいないし金も続かないしなぁ…
高校の頃は一人で高校演劇コンクールとか観に行ったりもしてたんですけれど、もうずっとそういうのも行ってないですねぇ。
休みの日って家で寝てること多いですし(駄
県芸も近くにあるし、今勤務してるビルの最上階にも確かちっさな劇場在ったよな・・・
機会があれば・・・といいつつなかなか上がらない重い腰を抱えていますorz


シェイクスピアもそんなにがっつりは知らないですけど中学・高校の頃に一時期ちょこっと読んだ事があります。
小学校の頃から吹奏楽やってて、吹奏楽曲といえばこの人を知らん筈ないだろう、的な有名な作曲家が居るのですが、その人が何本かシェイクスピアを題材とした楽曲を書いているのです。
「オセロ」を聴いたのがきっかけですかね。
それまでシェイクスピアなんて「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「リア王」くらいしか知らなかったので、どういうお話かなと。
4大悲劇を初め、本当に有名なのだけ読んだ覚えがあります。
なので今回、作中で知らないタイトルも出てきました。
というか戯曲だからシナリオ形式が多くて読み難かったのよね・・・。難しいし。
中高生が読んで理解しようだなんておこがましい、とか今になって思ってしまいます。
今読んでもなかなか難しい。。。

実際、舞台は見たこと無いです。
去年だっけ、Studio Lifeが「真夏の夜の夢」やってたけど東京とかなかなかいけませんし。
やっぱ一緒に言ってくれる相手が居ないってのが一番のネックです(涙
偶に一人でも行ったりするんですけれど年に何回もは無理です。
身近に語れる相手が居ないしー・・・(寂


と、ちょっとずれた話題をお話の方へ戻して(戻りきらない気もするけど
攻様にあたる城島の演出方法とか面白いですね。
なんかキャラ的に某榛原憂月氏が被るんですが・・・そこら辺はまぁ、置いておきましょう。
あの人は戯曲を書く側であって演出家ではないですし・・・
小説内だからさらっと書いてしまえる事もありますけれど、ロミジュリを台詞そのままに舞台だけ日本の平安時代に持っていくとか。
本当にあったら観てみたいです!
実際、平安モノは衣装がアホくさいことになるので舞台どころかドラマや映画でもなかなか無いですよねー・・・
能や狂言に任せとけってか?(かなり違う気もしますが

「お気に召すまま」を男性キャストのみとか、マクベス夫妻を演じる役者の性別が入れ替わりとか、なんかLifeにつながるものを感じます。
つーか、こんな本書いてて、観劇が好きなら絶対Lifeも観てるだろう!的な。
まぁ、シェイクスピアの時代は女の役者なんて居なくて男ばかりだったので別にこれといって騒ぐほどの事でもないのかも知れませんが。
私が知らないだけで実際そういった舞台もあるんでしょーね。きっと

あー…なんか色々観てみたい。
けど先立つものがー。
言うだけでリサーチする気力も無い事のが多い駄目駄目さですわ。。。
というか、趣味がいろいろなところに飛び火して纏まらないと言うかなんというか。
あーあれいいなーで終わってしまう毎日・・・だめぽ



| Novels(Boy'sLove) | 11:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
きのうは表紙に演出するはずだった。
| BlogPetのしぼりたて | 2006/11/24 1:39 PM |










http://books.iz-m.com/trackback/417146