RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< ソフィアの正餐会 | main | 翼は碧空を翔けて1 >>
tick,tick...BOOM!

出演:山本 耕史
愛内里菜
ゲイリー・アドキンス
―STORY(公演詳細より)
時は1990年―『RENT』が世界中の人々に衝撃を与えることになる、その6年前。ジョナサンは30歳の誕生日を目前にして、憂鬱な日々を送っている。素晴らしい作品を書きたいとの燃えるような思いはあるものの、現実は相変わらす、ダイナーで働きながらの、貧乏作曲家としての日々。親友でルームメイトのマイケルは現実派。マディソン・アヴェニューのビジネスマンに転進して成功し、新車のBMWを手に入れたばかり。彼に勧められて就職することもジョナサンは考えてしまう。ガールフレンドのスーザンはダンサー。彼と結婚してニューヨークを離れたいと思っている。しかし彼女を深く愛してはいても、そんな彼女の思い描く「幸福」に乗り切れないジョナサン。あと1週間で30歳。それは青春時代の終わり。そして全ての終わりなのだろうか。

頭の中で時計の音が響く・・・・・チック・チック・チック・・・・・。

まるで時限爆弾のように。そんな鬱々たる思いを胸に、今夜も彼はキーボードに向かい、ひとり歌いだす・・・・・。





僻目ちゃんと一緒に行くはずだった千秋さんが外せない会議が入ってしまったとの事でチケットを譲って貰って観に行ってきました。

彼女らは山本君のためにチケットを取ったようですけど、正直私は役者さんは興味ないので、ミュージカルなんて自分からは進んで見ることまずないから面白そう〜とかそんな気分で出かけたのであります。

元々観劇とか、なかなか行動に移せないと言うか、先立つものがないというか色々な理由で好きだけれどなかなかいけないのですが、行っても基本>スタジオライフなのでストレートプレイなのですよね。
G2プロデュース作品はナマでは見たことないんですがライフの役者サン関連で何作かDVDで観たりしてるんですけどやはりストレートプレイですし。
ミュージカルってそれこそ四季か宝塚か!くらいしか知らないわけです。
(あ、母上お気に入りの劇団ふるさときゃらばんはミュージカル劇団だ・・・

ともかくともかく。
自分から進んではなかなか触れる事のない世界なので面白かったですよ。

総評(?)としては・・・
『RENT』という私でも知ってるくらいの有名なブロードウェイ・ミュージカルの作者の自伝的なお話。
こういったロックミュージカルも結構いいな〜とは思ったのだけれど、今回は演目が私にはちょっと合わなかったかも・・・
基本が山本君演じるジョナサンの一人称語りで進んでいくのでそれがちょっと微妙。
各ナンバーやダンスはカッコ良いのですが、合間合間で自分の行動描写まで語られるとちょっとなぁ。
でも、山本君の語り口調とかは作品の雰囲気とあってて良かったかと。
何度か噛んでましたが・・・(一度盛大に間違えた時は謝ってた。

正直山本君以外は歌はともかく演技は・・・でしたな。
まぁ二人ともお芝居は初めてだそうだからしょうがないか。
ゲイリー氏は言語の壁もあるし。
でもまぁ、愛内里菜は可愛かったしゲイリー氏はカッコよかった。
山本君も日本人にしては足長いよなーと思ってはいましたけど、やはり黒人さんは基本構造が違いますね。
身長同じくらいなのに腰の位置が・・・更に高い!
ワイシャツにネクタイや、更にその上からコート羽織っていたりするとすげーカッコよかったデス。
立ってるだけでサマになる・・・
愛内里菜は、声質の所為か、更にマイクを通しているからなのか普通の台詞が吹き替え見たく別の所から聞こえてくるようでそれが気になって仕方が無かったですわ。
歌ってるとさほどではないんですけどねぇ・・・

二人とも、メインのマイケル・スーザンより脇で出てくるジョンの父とか事務所の社長とか演ってるときが滅茶苦茶楽しそうでした。(苦笑

3人が掛け合いで歌うところなんかは愛内里菜がちょっと負けてる感も否めなかったけど基本的に歌うのがメインな人たちなのでいい感じだったと思います。

そういえば一つしっくり来なかったところが。
ラスト付近のクライマックスの所でジョンがマイケルから自分が病気(AIDSかな?うまく聞き取れなかった)だと言う事を知らされて絶叫(?)するシーン。
そこからしばし二人の出会いを回想し、大学時代にマイケルから自分がゲイだと告げられた時にまでを語るのですが・・・
ちょ、何時の間に時間軸元に戻った!?
セントラルパークを走り回って、公衆電話から電話かけてみて、クソッ繋がらない!みたいなシーンがあって・・・
私はそこら辺、過去のマイケルからカムアウトされた時の自分の動揺っぷりの回想だと思ってたんですが、そのまま続きでマイケルの病気について出てきて現在に戻っていたのですよね。

あれ???

いつ回想から戻った???

なんかもうちょっと判りやすい転換の仕方があってもいいんじゃないかなと思ってしまったり。


そんなくらいですかね。


折角職場から仕事帰りとかに寄れる位置に劇場がいくつかあるのでもうちょっと精力的に色々観てみるのもいいかな、と思いました。
芸文でバイオリンコンサートやらオペラなんかはぽちぽち行ったりするんですけれど、演劇もやっぱりいいですよね〜。
でも一人じゃちょっと尻込みしてしまう小心者なので頑張って僻目ちゃんをノせるか(何
まだ大分先だけれどとりあえず「ジキルとハイド」観たいです。(ぁ


| Others | 10:53 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
お付き合いありがとうございました〜m(__)m
バイオリンやオケのコンサートならお付き合いしますよ(笑)。
うちも案内来るんだけど、先立つものが無くてついついやり過ごしちゃうんだよね〜。
今度、今年1年で観劇とコンサートに何回行ったかカウントしてみようと思うけど…怖っ。
四季とか東宝ミュージカルの申し込みする時は声かけるね〜♪
| 僻目 | 2006/12/05 12:25 PM |

こちゃらこそありがと〜
また色々観に行きましょう!
というかヅカを・・・・(笑
| いずみ | 2006/12/05 10:37 PM |

マイケルのカミングアウトで動揺してたのではないと思いますよ。
カミングアウトの回想は、HIV感染の原因と思われるために悲しく思い出されたのではないかと。
動揺しまくりの一連の行動はマイケルHIV陽性の衝撃によるもので、マイケルと自分がどんな風に時間を共有してきたかをずっと回想してたんだと思います。
| satie | 2006/12/05 11:43 PM |

>satieサマ
いらっしゃいませ☆
あ〜そう取れば納得ですね。
でもそうならそうでまうちょっと回想と現実の差が解りやすいような演じ分けをして欲しかったなぁ…ってつい思ってしまいます。
| いずみ@中の人 | 2006/12/06 12:27 AM |










http://books.iz-m.com/trackback/425328