RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< リロード | main | スカーレット・クロス >>
薔薇密室

著/皆川 博子
―講談社BOOK倶楽部内容紹介より
山間の僧院に住まう、1人の男。繰り返される禁断の実験。

物語が歴史を凌駕する。驚愕の書き下ろし長編小説

ドイツ・ポーランド国境に、人知れず建つ古びた僧院。そこは、咲き乱れる薔薇に閉ざされた狂気の世界だった。やがて外界は第二次大戦の波に呑まれ、僧院は接収されるが――
現と夢幻のあわいを貫く物語が、歴史をも従えて迸る。待望の書き下ろし。

読んでから随分とたってしまった。。。
1ヶ月たったんじゃないか?
大分忘れてしまっているけれどそれでも覚えていることをいくつか。

相変わらずナチス勢力下のドイツあたりが舞台。
そしてこれも変わらず、手記と現実とを行き来しているのですが・・・・
パターンは同じでも飽きないですね。
私の好みばっちりなのでいいんでしょうねぇ。
がっつりどっぷり浸かれます。
大好きだー

そいえば作中に詩が挿入されている"ヨハンネス・アイスラー"ってこれの前に県図書で借りてきた「伯林蝋人形館」に出てたヨハンですよねねねね。
やはりこういったささやかな楽しみが出てくると更にうれしいです。

しかし、設定が吃驚でした。
薔薇と人間の共生だなんて。なんてゴシック的な。
漂ってくる濃厚な雰囲気にクラクラきそうです。

三人目の語り手は最初はコンラートに戻ったものだと思っていたのに、何かおかしい、一人称が私から俺になっている。
と思いつつも。。。
翻弄されてしまいましたね。
真相が判ったときもただただ流されてしまっちゃいました。。。

とりあえず気持ちのよい読了感。
| Novels(一般) | 22:10 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
明けましておめでとう〜
遅れながらの挨拶ですw
| 搬出 | 2007/01/11 5:07 PM |

シアリス 個人輸入 :-F <a hrefl="http://www.kennavi.net/smf/index.php?topic=1228.0">シアリス 販売</a>
<a href=http://viagura.wikidot.com>バイアグラ</a> <:-l シアリス 処方 シアリス 販売
| wheewlyCory | 2009/08/07 5:41 AM |

Youre so awesome, man! I cant believe I missed this blog for so long. Its just great stuff all round. Your design, man
| dayprohaday | 2011/09/03 1:26 PM |










http://books.iz-m.com/trackback/450299