RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 灼熱の恋に身悶えて | main | 市長 遠山京香 5 >>
C-blossom -case729-
C-blossom -case729-

原作/福井晴敏
漫画/霜月かよ子
−裏表紙あらすじ−
防衛庁の汚職事件に端を発した秘密組織「ダイス」の内部抗争。
女子高生・松宮香奈は、その身柄を横領グループに狙われる事になった。
そして、香奈を守る任務を命じられた工作員・如月行は、たった一人で闘いを挑む……。
「亡国のイージス」オリジナルアナザーストーリー、衝撃のクライマックス!
8月〜9月の間、私の中でなぜか自衛隊ブームがきてたのですよ。
夏の間、私冷房病でダウンしていて、体調崩して寝込んでいたので、兄が友人から借りてきたジパングのDVD見てたりして。
その流れで「亡国のイージス」や「終戦のローレライ」読んでたのです。
あーでもそういや戦国自衛隊の方は読んでないなぁ。

映画の方は、ローレライはもうとっくに上映終わってたのでDVDをレンタルしてきて。
イージスは終わりかけに見に行ったらほかに人いなくて真ん中に一人ぽっつーんと座って観ました(笑
映画館貸切!(違
結構気分ヨカッタです。ハイ

んで、ローレライよりイージスのが私は好きです。
こちらのコミックスだとさらに行が行が!!!
イイですねぇ(*'-')

小説の方の前日譚なんですが、この巻の最後に

「いつかまた絵を描く気になると思う?」
「あたしは描けると思う」

というシーンがあります。
これがまた・・・・よいですわ。
泣けます。

この後のいそかぜに乗艦してからの行と、イージス原作にあった行の少年時代を思うともう。

映画の方ではそこまでのエピソードはなかったんですが、原作の方のイージスだと、最後に行が絵を描いているんです。

ラストシーンで副長と行が海で再開するシーン。
あそこでもとても泣きました。

C-blossomを読んで、新しい人生を送る行の隣には香奈がいたらいいな。。。と居て欲しいな、と切に願いました。

福井氏の短編集「6ステイン」
これにもイージスに連なる「920を待ちながら」という作品が入ってます。
文庫になるまで待とうかな・・・と思っていたのですがちょっともたないかもしれません(苦笑
すごい気になりますわ。
お話が書かれた順番は逆ですが、時間設定が「6ステイン」→「C-blossom」→「亡国のイージス」なので逆に過去を追って行く感じがまたたまらないです。

とりあえず、C-blossomの行を想いながら、イージスを読み返してみようかな。。。
| Comics (一般) | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/47189