RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< アリスの夜 | main | 所轄刑事・麻生龍太郎 >>
踊るギムナジウム

著/森 奈津子
−帯紹介文
性愛の夢想人が送る、
ゲイ・コメディ集!!

ぼくは恥ずかしくない!
ただ、美しく 清らかな人を
心から愛しただけだ!

これ、(多分)発売食後の年末に買ったんですが、本の山に埋もれていて、最近発掘して漸く読みました。
帯とかみての衝動買いです。

でもなんでもっと早く読んでなかったんだろう!
おもろいです。
エロ会話はあってもエロはなし。
とことんバカに徹しています。
そしてどのお話も少々フェティッシュ(笑
なんなんだろう、この不思議なバランス。
特に表題作の「踊るギムナジウム」がイイ。
感情が高まると突然音楽が流れ出し、歌い、踊りだす少年。
周囲にいれば自然にコーラスと化して盛り立てる。
異様な光景なんだけれどちょっと面白そう。
ミュージカル見てると、普通に会話していたのに突然歌いだす。正しくそんな感じなんでしょうねぇ。

この作家さん、初めて読んだと思ってたんですが、先ほど検索してみたらどうやら初めてではなかった模様。
昔「小説ASUKA」という角川の小説雑誌がありまして。
今で行く「The Beans」的存在かな。豆よりBLよりですが。(でもBL雑誌ではなかった・・・ハズ)
この雑誌が創刊した頃、暫くの間買ってたのですよ。
その中で「耽美わしら」というのを連載されていたようで。
読んでた憶えありますわ。
確かにあれもちょっとかっとんでて面白かった。

短編が4本・・・入ってたのかな。
その中でも「M界転生」が妙にツボにはまりますた。
ギムナジウムもいいけれど、これもなんとも言えない。
この本を読んだ直後にRO(ネトゲ)のPT名をこの「M界転生」にしたら、その時のPTメンバに
「天草四郎も泣いてるよ!!!」
みたいな事を言われました。
いいじゃん、私も貴方もMなんだから(違


ちなみに、Amazonの画像だと帯はついていないようなんですが、タイトルのギムナジウムの「ウム」が帯に印字されています。
私はそれがギムナジウムのウムでなく、納得とかの「うむ」だと思って(自分がよく使うから余計に)
「うむ ぼくは恥ずかしくない」だと思ってた・・・ついさっきまで・・・
なんだろ、これ。とか思ってたんですが。。。
帯なしの画像をみて初めて気付きましたorz

ちなみに、出版元の徳間書店のHPだと帯付き画像が上がっています。
気になったならばそちらでご確認を。
うむ・・・・
| Novels(一般) | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/477736