RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
<< 焦がれる熱情を貴方に | main | 彩雲国物語 >>
Beauty Beast 3

著/七地 寧
絵/蓮川 愛
−あらすじ
執着の鎖でつないで
お前は俺を、永遠に手に入れ続ける――

特別な血族に連なる君仁と君永は、実の兄弟でありながら深く結びついていた。それは親の身勝手で引き離され、欲を伴うまでに追い詰められた弟・君永の兄への執着を君仁が受け入れた事から始まった。お互いを唯一だと実感した蜜月を経て、それぞれの進学、就職とともに訪れた生活のズレに、いつしか気持まですれ違い始めてしまう二人。苛立ち、ぶつかり合いながらも共に歩む将来を模索するのだったが……。




えぇっと。。。。
コレぼーいずらぶですよね?ね?
1,2巻もちょっとずれた感じだったけど今回、更にずれてます。
後書きにもありますけど、濡れ場が濡れていません。
普通扉カラー絵は濡れ場とかですよ。
じゃなくてもとりあえず人間がいるはず!!!!
でもこの本の扉絵、猫3匹・・・(いや豹だけど)
無茶苦茶かわいーんですが。
でもどうなのコレ!!!!!(笑

そして主人公兄弟あんまり出番ない・・・
メインは真也の子育て(笑
3つ子が人間状態でも豹状態でもとてもぷりちーです。
蓮川さんのイラストでこんなん拝める日が来るなんてっ
かなり幸せになれる一冊。

登場人物が美形ばかり設定なので挿絵のページがどれもキラキラしてます。
残念なのは今回は門司がイラストに居なかったくらいかな。
変化してる門司・もしくは君宣の父親コンビにじゃれつく3匹とかイラストで見てみたいもんです。

で。
イラストの方は物凄く満足なんですが、肝心のお話の方はちょっとお粗末感が漂ってます。。。
部分部分はまだいいんですが、それぞれの繋ぎ方がなぁ。
特に君仁がサーバルを呼んだ辺りが一番わからない。
彼女に仕事を持ち掛ける流れはまだいいんですが、矢敷の記述がないのでおいてけぼりなのかな?と思ったらちゃんと一緒にいるし。
前作から2年と、作中で3年ほど経ってるはずなんですがそこら辺も判りにくいしなぁ。
1,2作目もこんな微妙だったっけ?と思わず首を捻ってしまいました。。。

でもまぁ、素敵シーンもたくさんあったので良いですが。
君永の高校時代の友人sがイラスト付きだったのはもう素敵判断。
フェルが好きです。。。
あと子供たちの出てくるシーンはどれもいい。
かわいーよーvv

そして相変わらず食事シーンの多いお話だ。

多分まだ続く予感。
というか後1冊で終わるかな〜と勝手な予想。
結局門司と君永以外はアメリカに拠点を移すところで終わってるし。
君永はおっかけるだろうとしても、門司は・・・
立場的に無理だろうなぁ。
一人日本に取り残されるのか?(笑
真也・君仁あたりは成功して日本に凱旋しそうな気もしないではない。

とりあえず。
文句つけつつも楽しみにしております。


七地 寧作品記事
蓮川 愛作品記事

―シリーズ
  


| Novels(Boy'sLove) | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://books.iz-m.com/trackback/518823