RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

日々是好日也

いつも素敵な何かを。

注:801多発・ネタバレ満載。

日記と各感想とブログ分割しました。
イゾルデの壺
イゾルデの壺 ドロシーの指輪2

著/谷崎 泉
絵/陸裕 千景子
―裏表紙あらすじ
つれない三本木を壊柔しようといじましいアプローチを続ける緒方。その緒方のの祖父・梯を頼って女優・楓京子が持ち込んだ、中の水を口にしたとたん恋に落ちるという伝説を持つ媚薬の壺の存在が、またしても二人を騒動に巻き込む――。古美術の裏世界に深く関わる北白川に連れ出された緒方は、厄介を匂わせるとある“お便い”を引き受ける羽目になり、陶芸家・轟のもとへ。ドロシーの一件で借りのある桂丸も、何やら怪しい動きを見せていて…。一方『尾形』には第三の幼馴染み・雨森弦が来訪。初対面の三本木を当然のごとく食事に誘う、天然王子の用向きとは?亡き祖父と仲間たちの後始末、欲深たちの攻防をコミカルに描くシリーズ第二弾!

続きを読む >>
| Novels(Boy'sLove) | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドロシーの指輪

著/谷崎泉
絵/陸裕千景子

−裏表紙あらすじ
甚平に無精髭がトレードマークの野性味溢れる男、緒方は老舗骨董店『尾形』の主。銀行員の三本木とは浅からぬ縁があり一線を越えた仲なのだが、その後はつれなくされる日々。ある日、緒方は画商の四方から名画の購入を勧められるが、うますぎる話に乗りきれずに取引に二の足を踏んでいた。ところが、この儲け話に目が眩んだ守銭奴の三本木がまんまと騙され、贋作を掴まされてしまう。しかも三本木は以前から彼に目をつけていた金貸しの嵯峨から購入資金を調達していた。返済のアテを失った三本木を嵯峨の好きにはさせまいと、緒方は贋作の行方を探り始める。
同業の『涼泉堂』の若旦那・桂丸を引き込んで辿り着いたのは、四谷の古びた屋敷に住む麗泉と名乗る蠱惑的な青年で……。アンティークをめぐる事件を軸に、緒方と三本木の恋の駆け引きが展開する新シリーズ第一弾!
続きを読む >>
| Novels(Boy'sLove) | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
闇夜を歩く

著/谷崎泉
絵/有馬かつみ

―裏表紙あらすじ―
与党の大物代議士・猪飼の秘書を勤める永島は、総裁選の根回しに奔走していた。闇のフィクサーと呼ばれる宇津井のお墨付きをもらうためには、彼が心酔している政財界のVIP御用達の占い師に未来を見てもらい、猪飼が間違いなく総裁の器である事を証明するのが条件だった。
その露払いとして永島は件の占い師・子春の元を訪れるが、彼は永島を占う事が出来ないという。前代未聞の言葉に宇津井はし旬を抱くよう永島に命じるが――。

続きを読む >>
| Novels(Boy'sLove) | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |